リピーターを獲得しやすい

メール配信の効果を分析する機能がある

メールマガジンは、ただ何となく配信しているだけでは、思うような効果は得られません。メールをきちんと読んでもらい、そこから売り上げに繋げることがメール配信の目的ですよね。そのためには、配信効果を分析して、戦略を練ることが重要です。個人で分析を行うのは大変な労力を要しますが、メール配信サービスを利用することで、配信効果を容易に分析できるようになります。どれだけの人がメールを開封したのか(メール開封率)、本文まで読んだ人はどのくらいか(クリック率)、などをリアルタイムで計測する分析機能が備わっているからです。反響の大きかったメールの傾向を把握して、顧客満足度の高いメールを配信し続ければ、リピーター増加に繋がります。

最適なタイミングに自動配信できる

メールマガジンを手作業で送信するのは、数が多くなれば多くなるほど時間がかかりますし、ミスも発生しやすくなります。その点メール配信システムを利用すれば、自動で大量のメールを送信することができます。顧客の属性ごとにグループ分けをしておけば、その顧客に適したメールを、最適なタイミングで自動配信することも可能です。また、ステップメールという機能を使うと、複数回に分けてメールを配信できます。例えば、1回目はキャンペーンの概要を、2回目は詳細な内容をというように、段階的に情報を届ける手法です。定期的なメール配信によって顧客との接点が増えれば、商品や会社に対する関心が深まり、リピーターの獲得に繋がるのです。

メール配信のサービスのいいところは、分析をしてくれることです。メールの開封率やサイトへのアクセスなどいろいろな観点で分析データを提供してくれるのです。