メール配信開始後の運用方法

メールの配信頻度に注意しよう

メール配信を始めたら、まず注目したいのはメールを配信する頻度です。メールには顧客の認知を高める目的があるはずですが、あまりに頻繁だと、たとえ有用な情報が掲載されていても心理的な反発を招く可能性があります。逆に、頻度が少なすぎると存在感が薄れてしまい、認知を高める目的が達成されないかもしれません。頻度が高すぎたり低すぎたりすると、未開封のままで読まれなくなったりメール登録を解除されたりするおそれがあるので、配信開始から数ヶ月は慎重に判断しましょう。判断材料として参考になるのは、登録者数の増減やメール内のリンクからのアクセス解析などになります。初期段階から最適な送信頻度を設定するのは困難なので、中長期的な視点での対応が必要です。

登録者の人物像をイメージしよう

メールの配信を行うにあたり、内容の編集はとても大切な要素です。登録者が求めている情報を掲載するのはもちろんですが、どの程度の文字数にするべきなのか、どのような言葉遣いにするべきなのかも早めに決定しましょう。編集方針を決定するためには、登録者がどのような人たちなのかイメージする必要があります。メールで扱うテーマについて、登録者が初心者なのか上級者なのか、どの程度の年齢なのかを設定しましょう。これにより、だいたいの編集方針を決められるはずです。登録者の設定が実態と合っているかを判断するには、メールへのリアクションが参考になります。登録者にコメントを求めたり、アンケートを行うのも対応策のひとつです。状況に応じて編集方針は柔軟に変更しましょう。